FC2ブログ

陸自秘密部隊 北朝鮮にスパイ派遣

元メンバー実態語る

 首相や防衛相が関知しない独断による情報活動が明らかになった陸上幕僚監部運用支援・情報部別班(別班)。国内担当だった元メンバーが28日までの共同通信の取材に、陸自内部でも存在そのものが秘匿されてきた情報部隊の実態を語った。

<養成>
突然上司に命じられ、諜報や防諜の教育、訓練をした旧陸軍中野学校の流れをくむ陸自小平学校の心理戦防護課程に入校。同期は7、8人でごくまれに海自、空自の隊員もいる。追跡、潜入、張り込み・・・。教室の鍵は昼間も厳重で、小平学校長でさえ入室できない。
 同課程を修了して別班員になると、外部との接触禁止に。「身分証明書は自宅で保管し、持ち歩くな」 「年賀状も出すな」と指示され、防衛大の同期会は当然欠席。休職扱いか、いったん自衛官の身分を離れるが、給料や退職金は満額が出る。裏の仕組みは陸幕人事部の担当者が代々引き継いでいる。

<任務>
 別班の本部は東京・市谷の防衛省地下。民間のビルの一室を借りた"アジト"が東京都内に数力所あり、組織を秘匿するため、渋谷、池袋、新宿などを
転々とする。
 班員は数人ずつのグループで活動。他のグループのメンバーとは本部でたまに会うだけで、本名さえ知らない。在日朝鮮人を買収し、スパイに仕立てて北朝鮮に送り込んだこともある。
 自衛官の身分を隠した任務はプレッシャーが強い。班員だった人の半分は精神的に壊れた。班長の指示は厳しく、「こんな非合法なことはできない」と辞める人もいた。

<資金>  金は湯水のように
 活動資金が足りなくなれば、防衛省情報本部にもらう。金が余り、内輪で豪華宴会をしたこともある。領収書は一切いらない。別の班員から「数百万円まで湯水のように使えた」「協力者には数十万円単位で使えと言われた」「金を使わないと仕事をしていないと思われた」と聞いたこともある。

 陸自の情報担当者らは別班を盲腸に例える。「役に立たない。なくても支障がない。いつ発病(存在が発覚)するか分からない。発病すれば激痛を伴う。死に至る可能性もある」
                    以上 北日本新聞 11/29日 

 元より想像はしていたが、陸自はスパイ映画を地で行く作戦を行っていた。特に問題は、その存在は総理大臣や防衛大臣すら知らなかった。当然国民の代表である国会議員や国民は知るよしもない。しかも旧陸軍中野学校の流れをくむ陸自小平学校というものが存在するという。
 血税がこのようなことに使われているとは国民は誰も知らない。彼らの世界には主権者たる国民は存在しない。自衛隊員は国民を敵とみなしているのだろう。
 各種市民団体や労働組合の集会などには公然とスパイ活動をしているのは知っていたが、世も末ですね。美しい国とは旧日本軍の復活にあったのだろうか。安倍が説明しないので想像するしかないが。

 自衛隊が怖い組織ではないと宣伝するために自衛隊祭りなどが税金を使って催され、知識のない国民が騙されていくのである。

 秘密情報保護法案が成立すれば、国民に隠れてこのような事態が頻繁に起こり、国民は税金をむしりとられるだけで、いつの間にかとんでもない事態になっていることになる。ただ陸自の秘密部隊の存在を解明するのは難しくない。人事と会計監査をやればわかることである。つまり領収書をチェックし、裏付けをとることである。また領収書のない使途不明金があればそこが怪しい。支払いのルートを解明すれば簡単である。
 問題は安倍や防衛大臣自らが隠蔽工作をしようとすれば解明できない。その時は国会で調査すべき問題である。
 戦後の日本は戦前の陸軍の良き(?)伝統を受け継ぎ、本当に悪い人間と組織を育てたものである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tate1001

Author:tate1001
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる