FC2ブログ

やっぱり危険・・・フィルター付きベント!!

柏崎刈羽原発:フィルター付きベントでも数百ミリ被ばく

毎日新聞 2013年09月25日 19時44分(最終更新 09月26日 01時05分)


 東京電力の広瀬直己社長は25日、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)で設置を計画中の「フィルター付きベント(排気)装置」を使用した場合、原発の敷地境界で住民に数百ミリシーベルトの被ばくが生じ得るとの試算結果を明らかにした。この日会談した泉田裕彦・新潟県知事の指摘などを受けて答えた。

 健康に影響が生じ得る被ばく量で、今後、同原発と同じくフィルター付きベント装置の設置を計画している全国の沸騰水型原発で住民の避難計画作成の重要性が高まりそうだ。

 知事は会談で「県の試算では『甲状腺等価線量』で260ミリシーベルトだ」と指摘。これに対し広瀬社長は県の結果を認めながらも「敷地境界にじっとしていた場合の数字で例外的」と主張。会談後に「数字はいくつかあるが(甲状腺等価線量でなく全身線量で)数百ミリシーベルト」とした。

 一方、知事は会談で「中越沖地震の際は渋滞で車が進まなかった。じっとしているのは例外ではない。ベントの前に避難できるのか」と懸念を示した。【高木昭午】


 東電広瀬社長が新潟知事に警告した。私は以前からフィルターそのものの性能に疑問を持ち、以前からベントに反対の立場だったが、今度の新潟県知事と東電広瀬社長との会談で明らかになった。

 東電はもちろん他の原発会社でも同じことである。
 政府と電力会社は、元々単なる防塵服を放射線防護服と呼んでいるのだから、ベントの件でも国民をいかに騙すか躍起になっている。

 ところで福島県産食糧や水産物が出回るとのこと。せめて検査したのかどうかや数値くらいは明示してもらいたいものである。
 「基準内」という言葉だけが先行しているが、国民はそれで良いとは思っていない。良いと思っているのは一部の右翼だけであろう。

 こういういい加減な姿勢、できれば騙したいという姿勢が風評被害を生みだしている。

スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

tate1001

Author:tate1001
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる