FC2ブログ

狂ったか安倍

 参議院決算委員会で民主党の議員の質問に対してのことである。
 まさに安倍総理は狂ったかのごとくである。質問に対しても答える能力がなく、それは「ミスリード」「ミスリード」の連発で逃げと議論のすり替えである。質問者や国民を説得できず反論できないのである。これが日本の総理大臣かと思うと情けなくなる。
 問題点を指摘されれば、質問者の「ミスリード」を連発し非難するだけである。安倍自身の主張に自信がないようである。思考能力もないと見受けられる。だが同席した自民党議員は拍手を送っているから、一蓮托生である。
 事は国民の命を守るかどうかであり重大である。多くの無関心の国民のように「おまかせ」ですますわけにはいかない。
 この程度の連中が、消費税を上げ、国民生活を陥れ、軍需産業に奉仕し、同族企業と連携し、国民を危険に晒そうとするのは許せない。

 「国民の生命を守るため」と称し、集団的自衛権を閣議決定すれば、自衛隊員をはじめ国民が直接危険にさらされることになる。仮に自衛隊が他国に対し発砲すれば、その時点から日本は敵国になり、ミサイルが飛んでくる。宣戦布告と見なされ攻撃が始まるのだ。攻撃されても反撃をしないというお人好しは存在しない。
 一度に多数のミサイルが飛んでくればイージス艦でも防ぎようがない。真っ先に狙われるのは米軍基地はもちろん首都圏そして自衛隊基地などなどである。多くの日本人が犠牲になる。
 集団的自衛権が閣議決定されれば、心ならずも生活のために自衛隊に就職した人達の中で動揺が起こる。退職者が増えるであろう。となれば、次には徴兵制になるであろう。

 自衛隊はこれまで口先では「愛する家族の為」と言っているが、実際に「愛する家族の為」に戦闘で死亡したものはいない。憲法9条のおかげである。しかし今後は制約が取り払われ、上意下達の業務命令により殺人者に変わらざるを得ない。殺さねば殺される異常な世界に突入する。子供達の親が隊員ならば、殺人者の父を持ち、肩身の狭い思いをするであろう。ただし殺人者ではあるが国家の命令により規則に違反しない限り処罰はされない。しかし人として精神が破壊されるであろう。そして家族の思いはどうであろうか。

 自衛隊を退職するとなれば、リンチが待っているであろう。何しろ現在の自衛隊は旧日本軍の悪しき伝統を人的にも受け継いでいる。組織防衛上必要かもしれないが困ったことである。
スポンサーサイト



プロフィール

tate1001

Author:tate1001
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる